iPS網膜を拒絶反応なく、サルでの移植実験に成功

サルのiPS細胞から作った網膜組織を、別のサルに移植した時に起こる拒絶反応を防ぐことに成功しました。
サルでの実験に関しては、人への移植の安全性を裏付ける材料の一つになるとされています。
2年前に世界で初めてiPS細胞と使った移植手術をした時には、自分の細胞の一部を自分の細胞へ移植すると言うことで、費用と時間がかかることが課題になっていました。
自分の細胞を使うことで、他人の細胞が体内に入ると起きる拒絶反応を避けることが出来るのですが、課題が多かったのです。
型の合ったiPS細胞を使うことで、サルの実験では手術後6か月は拒絶反応を見せることはなかったと言います。
実験段階であっても進歩している技術に関しては、素直に拍手を送りたいと思います。
研究グループの中には、いざこざを起こしてしまったり、問題発言があったりと、良いニュースの後に悪いニュースも続きました。
過去を塗り替えてしまうような、そんな勢いのあるニュースを作って欲しいモノですね。古着の処分なら寄付がおすすめ

私が銀幕デビューしたことについて

人は映画をよく見ます。毎年たくさんの新作が公開され、多くの人が劇場に足を運び、泣いたり笑ったりして作品を楽しんでいます。私も今まで何回も映画を見たことかあります。どれもとても面白く、思い出に残っています。このように、映画を見たことがある方は多いと思いますが、映画に出演したことはありますか?私は一度だけあります。エキストラではありましたが、映画に出演したことがあります。
私が銀幕デビューしたのは、大学を卒業したばかりの頃です。知人の紹介で出演できることになりました。エキストラということで、出たのはちょっとだけで、セリフもありませんでしたが、映画を撮影している生の現場で過ごすことができたのは貴重な経験となりました。現場には有名な女優さんもいました。私も何度もテレビで見たことがある人で、一時期好きだった女優さんだったので、撮影に参加しながら感動していました。
私が映画に出演したのはこの一回のでしたが、また機会があれば是非出たいと思います。宅配クリーニング ランキング